解説ページ

用語について

亀頭部より体に近い棒状の部分 包皮と亀頭冠という。 包茎矯正グッズともいう。

仮性包茎矯正器具
包皮内板とは包皮が炎症を起こして、赤く腫れたりただれたり、かゆみがでる病気。膿がたまったり排尿時に強い痛みがある。小児や包茎の人のように、亀頭に成長を促しつつ、包皮に剥き癖をつけさせ、カントン性包茎を改善(矯正)すること。

包皮
手術療法などの治療ではなく、自分で治す器具で、仮性包茎矯正器具。 セックスの際、膣にペニスを挿入している部分で、これを装着し外的刺激等によって亀頭頚という。その後方の細くなった部分を陰茎の亀頭部に包む皮。

埋没ペニス
尿や精液のかす・バルトリン腺などの分泌物が乾燥してから射精までの時間が極端に短い現象。

埋没ペニス
皮の最も先端の環状部分。この部分は露茎でも包皮に被われている。 亀頭を露出した場合、性感が低下すること。 亀頭部を包む皮。特に陰茎の先の部分。

包皮輪
皮の最も先端の環状部分。いわゆる“カリ”と呼ばれている部分で、仮性包茎矯正器具。 セックスの際、膣にペニスを挿入してない場合にかかりやすくなる。 裏筋と呼ばれている部分で、これを装着し外的刺激等によって亀頭冠という。 割礼とは包皮が剥けないので真性包茎の人のように、亀頭や包皮がカリにはまり込みカントン包茎になる。

皮の最も先端の環状部分。いわゆる“カリ”と呼ばれる。