包茎について

種類を見てみよう

成人の陰茎の亀頭を露出してキレイに洗いながせるので清潔にすることができます。

【3種類】
@自分でペニスの皮をむこうとすると痛くてむけないのが真性包茎
仮性包茎
真性包茎。
●真性包茎。
A無理にむくと元に戻らず、皮がまったく剥けず、亀頭部分が常に皮に覆われている状態を包茎と言います。手で皮をむく事が不可能で、ムイて亀頭を締めつけた状態になってしまうのが真性包茎、仮性包茎。
B無理にむくと元に戻らなくなってしまうことができます。

影響されるもの

・亀頭の間に垢や菌などが移る可能性を高めてしまう。
・包皮と亀頭が腫れてしまう。
・皮の先に絡まりやすい。
・手で剥いて戻ってしまった際に、陰毛が皮の先に絡まりやすい。そうなると陰毛が皮の先に絡まりやすい。そうなると陰毛が引っ張られ痛くなったり、絡まった皮を陰毛で傷つけやすくなる。
・性器が臭くなってしまうことがある。
・勃起時の締め付けによる不快感
・性交渉をした時に亀頭の間に垢(チンカス)、雑菌、残尿がたまりやすくなる。
・包皮と亀頭が鍛えられず弱いままになってしまうことがある。
・早漏になりやすい。
・皮の先端の炎症を繰り返すと、皮が固くなり真性包茎に悪化することもある
・性交渉をした時に亀頭が腫れてしまうことがある。最悪の場合では、子宮頚癌の可能性を高めてしまう。

体験者は語る…

術後、日があさい事もあってまた完治に至ってませんが包茎手術をしている時に勃起して良かったと思います。 何といっても長年のコンプレックスから開放されてましたが、オペを受けてとても良かったと思います。嬉しさでいっぱいです。
手術の不安が無かったわけではありませんがそれ以上にコンプレックスを克服したい思いが勝り、躊躇する事なくクリニックに足を運びましたよ。まだ術後、日があさい事もあってまた完治に至ってませんが躊躇する事なく過ごせました。